• 未分類 25.01.2013
    髪の毛と頭皮の汚れをしっかり洗い流したら、次の工程はコンディショナーです。コンディショナーの役割というのは、シャンプーをして素っ裸の状態になった髪の毛を保護するために、保護剤や油分を髪の毛にまとわせるというもの。シャンプーしたままの状態ですと、髪の毛が乾燥しやすくなってしまうのです。乾燥は髪のダメージを引き起こしてしまう原因ともなります。
    コンディショナーを塗布する際に注意したいのが、頭皮にはつけないということです。せっかくシャンプー剤でしっかり汚れを落としたのに、コンディショナーを頭皮につけてしまっては元も子もありません。コンディショナーには油分などが含まれており、それが頭皮につくことによって毛穴をふさいでしまったりする可能性があるためです。
    コンディショナーを塗布したら、しっかりとすすぎましょう。最後のすすぎがとても大切です。頭皮や髪の毛に余分なものが残らないように洗い流します。シャンプーやコンディショナーの洗い残しなどは、フケやかゆみ、毛穴のつまりの原因になります。

    髪の毛と頭皮の汚れをしっかり洗い流したら、次の工程はコンディショナーです。コンディショナーの役割というのは、シャンプーをして素っ裸の状態になった髪の毛を保護するために、保護剤や油分を髪の毛にまとわせるというもの。シャンプーしたままの状態ですと、髪の毛が乾燥しやすくなってしまうのです。乾燥は髪のダメージを引き起こしてしまう原因ともなります。

    コンディショナーを塗布する際に注意したいのが、頭皮にはつけないということです。せっかくシャンプー剤でしっかり汚れを落としたのに、コンディショナーを頭皮につけてしまっては元も子もありません。コンディショナーには油分などが含まれており、それが頭皮につくことによって毛穴をふさいでしまったりする可能性があるためです。

    コンディショナーを塗布したら、しっかりとすすぎましょう。最後のすすぎがとても大切です。頭皮や髪の毛に余分なものが残らないように洗い流します。シャンプーやコンディショナーの洗い残しなどは、フケやかゆみ、毛穴のつまりの原因になります。

    Posted by admin @ 3:58 PM for 未分類 |